Magpie in Hokkaido

カササギの巣を探そう

カササギの巣はどんなところにある?

 

樹上に巣を作ります。

カササギは本来、樹の上に巣を作ります。たいていの場合は幹に近いところに大きな球状の巣をかけます。

nest04

nest_image_01

人工物にも巣を作ります。

カササギは、電柱や高圧送電鉄塔、携帯電話用アンテナの鉄塔といった人工物にも巣をつくります。非常に高い場所に巣をつくることもあります。

nest02nest03nest01

*なお、許可なく卵やヒナをとることは禁止されています。

カササギの巣とカラスの巣の違い

カササギの巣は球状で、中が空洞になっています。出入口は斜め上にあり、カササギはそこから巣内に出入りします。巣の中にカササギがいるかどうか、ヒナが育っているかどうかは、外からは見えません。

カラス(ハシブトガラスとハシボソガラス)の巣はお椀上で、上面が開いているため、カラスが抱卵(卵をあたためること)していると黒い体や尻尾が見えます。
ハシブトガラスの巣とハシボソガラスの巣は、見た目では区別できません。

(画像)カササギの巣 (画像)ハシブトガラスの巣

PAGETOP
Copyright © 北海道カササギプロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.